どんな人でも、必ず履く場面がやってくる靴があります。

それは、下の写真のような「黒の内羽根ストレートチップ」の革靴です。

黒、内羽根、ストレートチップの組み合わせは、フォーマルシューズの王道とも言える、定番のデザインです。

冠婚葬祭や式典などのイベントごとや、ビジネスシーンなどのかしこまった場面などにはこのデザインの靴を履いておけば間違いないと言われます。

数え切れないほどの種類があるなかで、なぜこのデザインなのでしょうか?

この記事では、「黒の内羽根ストレートチップ」はなぜフォーマルな場面に適している理由を掘り下げて見ていきます。

革靴の印象を決める 3 つの要素

「黒の内羽根ストレートチップ」を掘り下げて説明するまえに、革靴の印象を決める 3 つの要素について簡単に説明します。

要素その 1:甲のデザイン

一つ目の要素は「甲のデザイン」です。

紐で締めるのか、バックルで留めるのか、あるいは紐がないのかなど、革靴の種類によって甲のデザインは変わってきます。

見た目が全然違うので、当然ながら、この種類が違えば革靴の印象も大きく違います。

下の写真は「内羽根(別名:オックスフォード)」と呼ばれる種類です。

甲には靴紐が通っており、羽根(靴紐が通る穴が空いたパーツ)が潜り込んだような見た目です。

スマートなシルエットをしており、フォーマルな印象になると言われています。

続いて、下の写真は「外羽根(別名:ダービー)」と呼ばれる種類です。

内羽根と同じように。甲には靴紐が通っていますが、羽根が上から覆うようについています。

羽根が飾りのように見えるためか、どちらかというとカジュアルな印象になると言われています。

最後に、下の写真はバックルとベルトで留める「モンクストラップ」と呼ばれる種類で、甲にはベルトが覆いかぶさっています。

ベルトが装飾のように見えるためか、紐で締める革靴よりもカジュアルな印象になると言われています。

ここで紹介したのはほんの一部で、ほかにもさまざまな種類の甲のデザインがあります。

要素その 2:つま先のデザイン

二つ目の要素は「つま先のデザイン」です。

つま先は、一番人の目にとまるところで、いわば「靴の顔」ともいうべき部分です。

つま先の装飾の有無で、印象がガラリと変わります。

下の写真は「プレーントゥ」と呼ばれる、何も装飾がついていないデザインです。

飾り気が少ないのでフォーマルな印象を見る人に与えます。

続いて、下の写真は「ストレートチップ」と呼ばれる、つま先に一本の線が入ったようなデザインです。

シンプルな見た目で、プレーントゥと同じようにフォーマルな印象になります。

下の写真は「ウィングチップ」と呼ばれる、羽根のような革の切り返しが特徴のデザインです。

華やかな印象があるので、ややカジュアルな印象になります。

このように、つま先のデザインが違うことで印象がガラリと変わります。

要素その 3:色

三つ目の要素は「色」です。

この色が、革靴の印象をバシッと植え付ける最後の決め手になります。

たとえば、下の写真のように種類やつま先のデザインがカジュアル寄りでも、黒であれば少しフォーマル感が増します。

これは黒という色が人に与える誠実で厳粛なイメージによるものです。

それでは、全く同じデザインで色が茶色の靴を見てみましょう。

茶色が人に与えるナチュラルなイメージによって、カジュアルな雰囲気になります。

続いて、全く同じデザインで色がグリーンの靴を見てみましょう。

強い色の緑が、フォーマルな雰囲気を打ち消しています。

このように、色が革靴の印象を決める大きな要素になります。

ここまでをまとめると「甲のデザイン」「つま先のデザイン」「色」の 3 つの要素で、革靴の印象が決まることが分かりました。

1 つの要素だけで決まるのではなく、3 つの要素の組み合わせによって、フォーマルなのか、カジュアルなのかの印象が分かれます。

それでは、次は黒の内羽根ストレートチップはどういった要素でできているのか見てみましょう。

黒の内羽根ストレートチップにフォーマル感が出る理由

黒の内羽根ストレートチップを、先ほど解説した 3 つの要素で詳しく見てみましょう。

なぜなぜフォーマルな場面に適しているのか、その秘密を紐解いてみます。

すっきりとしたシルエットの内羽根

まずは一つ目の要素、「甲のデザイン」を見てみます。

内羽根(オックスフォード)とは、靴紐を通す穴がある羽根が、甲の下に潜り込んだようなデザインです。

羽根が甲の下に潜り込んでいることで、シルエットがすっきりしています。

この内羽根というデザインの起源は、イギリスの王室にあります。

その昔、ヴィクトリア女王の夫・アルバート公が、1853 年に内羽根のブーツを考案したのがはじまりと言われています。

見た目の清楚さから、室内用の靴として普及しました。

内羽根の端正なシルエットと、デザインが生まれた起源から、内羽根はフォーマルな革靴として扱われているのです。

つま先を結ぶライン

次は、二つ目の要素である「つま先のデザイン」を見ていきます。

ストレートチップとは、真上から見たときにまっすぐな線が一本走っているデザインのことを指しています。

このストレートチップは、数あるつま先のデザインのなかで最もフォーマルだと言われています。

このつま先のデザインがフォーマルだと言われる理由は、外見だけでなく機能性も深く関係しているようです。

一般的なドレスシューズのつま先には、「芯材」という固い材料が中に仕込んであります。

この芯材が、つま先の形を綺麗に保ち、シワが入ったり形が崩れたりするのを防いでいます。

ストレートチップの場合、芯材はつま先の革の切り返している部分と同じくらいの大きさで作られます。

つまり、ストレートチップは他の靴に比べてつま先部分にシワが入りにくく、きれいな状態を保ちやすいのです。

フォーマルでかしこまった場面で、つま先がクシャクシャだとカッコがつきませんよね。

見た目が誠実な感じがするというだけでなく、つま先を綺麗に保つことができる機能性も含めて、フォーマル感が出るというわけです。

誠実な印象の黒

最後に要素は「色」です。

人が黒色を見たとき、以下のような心理的効果があると言われています。

  • 高級感、格調高さを感じる
  • 威圧感を感じる

相手に高級感、格調高さを印象付ける黒は、フォーマルなシーンにもってこいなのではないでしょうか。

また、葬式で着る喪服は黒であるため、葬式にも向いていると言えます。

これで全ての要素が出揃いました。

内羽根の綺麗なシルエットや、ストレートチップの機能面、そして黒い色が見る人に与える心理的効果。

これらの要素が合わさって、黒の内羽根ストレートチップはフォーマルな革靴の代表格となっているのです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

この記事では、黒のストレートチップがなぜフォーマルな場面に適しているのか、その秘密を紐解いてみました。

冠婚葬祭や式典、ビジネスシーンや就職活動などで定番デザインとされる理由がお分かりいただけたのではないでしょうか。

まだ黒のストレートチップを持っていないのであれば、これを機に購入を検討してみてはいかがでしょう。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

この記事では、以下の商品の写真を使用しています。

3DM Lifestyle ブラック キャップトゥ オックスフォード

3DM Lifestyle

3DM Lifestyle ブラック キャップトゥ オックスフォード

¥20,160 税込

このアイテムを見る