革靴の歴史は長く、その長い歴史のなかでさまざまなデザインが生まれてきました。

人々に好んで履かれたデザインは、細かな違いはあってもほとんど形を変えずに愛され続けています。

数あるデザインのなかでも、昔から変わらず定番として人気があるのが「フルブローグ」と呼ばれる種類の靴です。

この記事では、フルブローグとはどんな靴なのかということや、フルブローグの靴を選ぶ際に「こだわりたいポイント」ご紹介したいと思います。

フルブローグとは?

フルブローグとは、下の写真のように靴全体に穴飾りがついたデザインの革靴ことを指します。

革の切り返し部分やつま先に大小さまざまな穴飾りが散りばめられており、華やかな見た目をしているのがフルブローグの特徴です。

また、フルブローグのつま先には「ウィングチップ」と呼ばれる W 字型の革の切り返しがあります。

このウィングチップが、フルブローグをより存在感のある見た目にしています。

フルブローグの起源と歴史

フルブローグのデザインが生まれたのは、16 世紀から 17 世紀ごろとされています。

イギリスの北西部に位置するスコットランドやアイルランドに住んでいたケルト人が、今のフルブローグのような穴飾りやウィングチップがついた靴を履いていたそうです。

19 世紀の終わりごろ、このケルト人が履いていた靴がイギリスの貴族たちの目に止まり、狩りなどのアウトドアに履くための「カントリーシューズ」として普及します。

もともと穴飾りは通気性を高めるためについていようです。

イギリスの貴族たちは「身体を動かして足が蒸れやすいアウトドアにちょうどいいかも!」と思ったのかもしれませんね。

このカントリーシューズについた穴飾りやウィングチップといったデザインが、かしこまった場面に履くドレスシューズにも徐々に取り入れられるようになりました。

そうして生まれたのがフルブローグという種類の革靴です。

フルブローグは 3 種類の「ブローグシューズ」のうちの 1 つ

フルブローグは「ブローグシューズ」と呼ばれる種類の一種です。

ブローグシューズとは穴飾りがたくさんついた靴の総称で、フルブローグのほかに「セミブローグ」と「クォーターブローグ」という穴飾り付きの靴があります。

これらのブローグシューズは、穴飾りの数やつま先のデザインの違いで名称が分けられています。

フルブローグは “たくさんの” を意味する「フル(full)」という言葉が名前についています。

フルブローグの例

名前の通り、たくさんの穴飾りがついているのが特徴です。

つま先のデザインはウィングチップで、穴飾りによる装飾と相まった華やかで存在感のある見た目をしています。

セミブローグは “半分の” という意味がある「セミ(semi)」という言葉が名前についています。

セミブローグの例

つま先はウィングチップではなく一直線の切り返しがある「ストレートチップ」というデザインです。 ストレートチップで穴飾りが少なく、フルブローグよりも控えめな印象があることから、セミブローグという名称がついたようです。

クォーターブローグは、”四分の一の” という意味がある「クォーター(quarter)」という言葉が名前についています。

クォーターブローグの例

セミブローグととても良く似ていますが、違いはつま先の先端に「メダリオン」と呼ばれる穴飾りがついていないことです。 フルブローグやセミブローグのような華やかさではなく、どちらかというとかしこまった雰囲気があります。

このように、穴飾りやつま先のデザインによって名称が少しずつ異なり、なかでも一番華やかなのがフルブローグです。

フルブローグの 3 つのこだわりポイント

同じフルブローグという種類の靴を並べても、メーカーやモデルによって靴全体の雰囲気が違います。

細かい部分に違いがあることを知っておけば、自分のイメージにあったフルブローグを選びやすくなります。

ここからは、靴全体の印象を決める「フルブローグの 3 つのこだわりポイント」を紹介します。

ポイント 1:つま先の穴飾り「メダリオン」

ひとつめのこだわりポイントは「メダリオン」というつま先の穴飾りです。

つま先は一番最初に目につく場所で、ここにメダリオンの穴飾りがあることで靴全体の印象がパッと明るくなります。

このメダリオンのデザインはさまざまなものがモチーフにされており、注目してみると面白いです。

下の写真のメダリオンは「鳥」がモチーフになっています。

このデザインのメダリオンは定番で、英国ブランドの靴によくみられます。

ポワッとしていて、ちょっと可愛らしい雰囲気がありますね。

続いて、下の写真のメダリオンは「羊の角」がモチーフです。

この羊の角をモチーフにしたメダリオンは、昔からあるクラシックなデザインのメダリオンらしいです。

ウィングチップの形状とよくマッチしていて、シュッとしたスマートな感じがあります。

個人的に好きなデザインのメダリオンです!

ポイント 2:革の端面のギザギザ「ギンピング」

フルブローグの靴に使われている革の端面には「ギンピング」というギザギザがついていることがあります。

このギンピングの有無で、靴全体の印象がまったく違って見えてきます。

たとえば、下の写真はギンピングがついたフルブローグです。

ギザギザのおかげで華やかさがプラスされ、よりカジュアル感が増します。

一方で、下の写真はギンピングがついていないフルブローグです。

先ほど紹介したギンピング有りのフルブローグよりも繊細な雰囲気があるのが分かるでしょうか?

華やかな感じを出したければギンピング有り、ちょっと控えめに存在感を出すならピンキング無しのフルブローグを選ぶと、コーディネートにうまく馴染んでくれます。

ちなみに、私はフォーマル寄りの革靴が好きなので、ギンピングのない控えめなフルブローグの方がタイプです。

ポイント 3:革の切り返しの穴飾り「ブローギング」

最後のこだわりポイントは「ブローギング」(別名パーフォレーション)と呼ばれる革の切り返し部分についた穴飾りです。

このブローギングは「親穴」という大きめの穴と「子穴」という小さめの穴が交互に繋がっているデザインが一般的です。

メーカーやモデルによってまったくデザインが違うわけではないですが、穴の大きさや間隔などちょっとした違いがある場合もあります。

たとえば、下の写真のフルブローグは一般的なブローギングよりも穴の間隔が広く作られています。

穴の間隔が広いためか良い意味で大雑把な印象があり、どことなくカジュアルな雰囲気になっています。

フルブローグを選んでいるとき「なんかイメージと違うな…」と思ったら、ブローギングのデザインに注目してみると自分好みの一足が見つかるかもしれません!

フルブローグのデザイン紹介

いくつかフルブローグの例を紹介します。

細かい違いで全体の印象がちょっとずつ違うのが分かると思うので、ぜひフルブローグ選びの参考にしてみてください。

まず紹介するのは、下の写真のフルブローグです。

つま先には鳥をモチーフにしたメダリオンがついていて、ラウンドトゥとよくマッチしています。

革の切り返しにはギンピングがあり華やかさが際立っている感じがします。

ややカジュアルな感じがありますが、服装に厳しくない職場ならビジネスシーンでも難なく履けるような一足です。

次に紹介するのは、下の写真のフルブローグです。

ブローギングの穴飾りは間隔が広めに作られています。こちらもギンピングがあり、上で紹介した一足よりもギザギザの山が大きく作られています。

こちらのほうがカジュアル感が強く、休日のカジュアルな服装に合わせるにはうってつけです。

最後に、もう一足紹介します。

つま先には羊の角っぽいモチーフのメダリオンがついており、クラシカルな顔立ちです。

ギンピングがないため繊細な感じがあり、数あるフルブローグのなかでも控えめな一足だと言えます。

ちょっと小綺麗な服装に合わせて足元に存在感を出すのにちょうど良さそうです。

ここで紹介した靴がすべてではないですが、例を参考にして自分好みのフルブローグを見つけてもらえると嬉しいです!

フルブローグの靴を取り入れたコーディネート

最後に、フルブローグの靴を取り入れたコーディネートの例を紹介したいと思います。

フルブローグの特徴は、なんといっても華やかな見た目です。

このフルブローグの華やかさが馴染むようなコーディネートにできれば理想です。

たとえば、表面に素材感があるような素材のパンツに合わせると、フルブローグの華やかな雰囲気とパンツの素材感がうまくマッチしてくれます。

ギンピングがあるフルブローグは華やかさが際立つので、柄物の靴下との相性も抜群です。

おわりに

フルブローグは紳士靴のデザインのなかでも定番で、一足持っておけば大活躍は間違いありません!

これを機会に購入を検討してみてはいかがでしょうか?